絶対に親権を取る!

離婚するときに一番気になるのが親権を取れるの?ってことじゃないでしょうか。

特に、相手より自分の方が子供を幸せにできるって考えるときはそうだと思います。

子供の親権を取るために、重要となってくるポイントは2つです。

1つは経済力がそれなりにあること。
養育費をもらうにしても、それだけでは絶対に生活するには足りません。金額が多すぎる必要はありませんが、無職だと親権を取ることは難しくなります。まじめに働くことを裁判所にアピールしましょう。

もう1つは、子供のことをいかに考えているかアピールすることです。
自分が子どものことを大事にしている、子どもの健康や成長を願っていることを主張していきます。

ただし、口ではなんとでも言えますから、言葉だけではダメです。実際に行動していることをアピールするのです。
またひとりよがりな主張も論外です。たとえば、子どもにピアノを習わせて一流にするとかは、単なる親の希望のおしつけですからマイナスにしかなりません。

効果的なのは、子どもの食事などに気を使うことです。子どもの体調は価値観に関係なく良いほうがいいに決まっていますからね。

私の知り合いは、親権は調停委員にも裁判官にも、「相手に親権を譲った方がいい」と言われていたのに、「子どもの健康のために気を使っているあること」をアピールしてから、見事に逆転して、親権を勝ち取りました。

ちなみにその時、アピール資料として出したのが、大地を守る会の領収書。

大地を守る会は有機野菜の通販ショップ。
子どものために、ここを利用していることが裁判所の心証を動かしました。
今なら、送料無料のキャンペーン中なので一度チェックしてみると良いですよ。

送料無料の「お試し野菜セット」が980円から!