常識にとらわれると出会いがなくなる

毎日3食ご飯を作るのは大変だ。自分だけならいいけど、家族の分も作るんだから。

その上、味が薄ければ文句を言われ、嫌いな食材が入っていれば残す。自分で作ればいいのにといつも思う。昔の人はすごいと思う。
炊飯器もレンジも無かったんだから。惣菜とか冷凍食品も無かったんだから。毎食作るのにどれだけ時間がかかっただろう。そう思うと恵まれた環境でご飯を作れるんだと感謝の気持ちが湧いてくる。

最近ではコンビニがすごい。1食分の本格和惣菜から生鮮まで売っている。しかも24時間。私が一人暮らしだったら間違いなく毎食コンビニで済ませていたと思う。

コンビニ弁当は体に悪いという意見もあるだろう。だが、所詮人の寿命なんて長くて100年。
コンビニ弁当を食べたからと言って、これが劇的に短くなるわけでもない。
健康な生活を送ろうとして色々気を使い過ぎて、余計に寿命が縮まるかもしれない。

だったら、好きなように生きてストレスレスな生活を送った方がいいんじゃないだろうか。
たとえば恋愛もそうだ。世間では離婚は否定的に見られる。

しかし、好きでもない人と長期間一緒にいる方がずっと良くないこととも言える。嘘をついているのと同じだ。

浮気にしても、しても別に構わないという人もたくさんいる。それをマスコミを始めとして第三者がとやかく騒ぐのだからおかしな話である。

出会いのきっかけもそうだ。私はpcmaの評判が良いのでPCMAを利用するのが良いと思うのだが、どちらかというと職場恋愛などを推奨する人が多いんじゃないだろうか。だが、職場恋愛はこじれたら大変である。

上手く行けばいいのだろうが、所詮失恋で終わるケースが多いことは読者のみなさんなら、よくご存知のはずだ。

This entry was posted on 2013年8月17日 at 4:29 PM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.