2013年8月26日

殺人という悲劇

働くか答えるその場合はすべてある方法あるいは別のもの、だが最近2010年にあなたに影響します、目立った2つのケースがありました。
それらはアーロン・シャノンJr.およびジェームズの感覚がない殺人でした。
アーロンは5歳の少年でした。この人はハロウィーン夜に彼のハロウィーン服装(ビル建築高所作業員スーツ)を着用している間に彼の祖父の裏庭で死に放たれました。
Kashmierは25歳の母親でした、誰がクリスマス夜に3歳の彼女の娘と彼女の自動車の近くで立っていたかは、内側にはまりました、いつ、容疑者、この人は通りをこちらへ立っていた、彼女を撃ち殺した。
これらの場合両方では、犠牲もそれらの家族も、暴力団でするものは何も持っていませんでした。
感謝して、これらの場合両方に割り当てられた探偵は、殺人に責任を負った容疑者を逮捕しました。
その場合は両方とも2、3の方法で私に影響します。
1つは、生命がそのように終了することができるので、私が人々と家族と過ごすすべての瞬間にちょうど感謝することです、短く、悲劇の、あるいはそれがであるどんな日。
第2に、私は、これらの家族が両方ともそれが励起するような尊厳、優美および強さを備えた悲劇を扱うのを見ました、私、試みて、かつよりよい人であるのに毎日。
結局、私は、割り当てられた探偵およびそれらの仲間がその場合を両方とも解決するために密着力のあるチームとして無情にもともに働くのを見ることの中のすさまじい誇りを持っていました。
探偵Barlingは私たちの質問のうちのいくつかに応答しました。また、今、彼はあなたのものに答えるでしょう。

2013年8月24日

不倫で人生が台無しに

私は30歳の女性営業マン(未婚)です。

私のいる業界は、女性がほとんどいない古臭い業界です。
そのため、私はお客さんから『女がなにしにきたんや!』とか『お前じゃ話にならん!なめとんか!』とか、
よく怒られていました。

女性だからなめられる部分が多く、私は非常に悔しくて泣く事すらありました。

そんな中で、一緒に営業回りしていた取引先の男性Kさん(既婚)は、珍しく非常に優しい男性で、
よく相談にのってもらっていました。

ある日も非常に辛いことがあり、私はKさんの営業車の中で泣いてしまいました。
その時のKさんは、いつも通りとても優しく私を包み込んでくれました。
時間はもう夜。気がつけば私はKさんの営業車の中でKさんと繋がっていました。

それからしばらくそのような関係が続きましたが、
向こうの奥さんに私たちの関係がバレ、相手の奥さんが営業所に怒鳴り後んできそうになりました。

何とかKさんがくい止めたものの、私たちの関係はそれっきりで終わりました。
不思議と全く未練はなく、むしろ冷めた自己嫌悪だけが残りました。
今思えば、本当にそれで良かったと思っています。

私の周りで不倫をしている人は奥さんが興信所の評判を見て探偵に依頼し、浮気現場の写真を取られたひともいるからです。
その後、裁判で慰謝料を取られた上、職場にもばれ、仕事を辞めざるを得なくなっていました。

2013年8月18日

自分の仕事に誇りを持っています

私は毎日が仕事によいと思っています。つまり幸運です。
私は、働く特権を持っています、で、また恐らく世界で最良の探偵を監督することになるでしょう。
特別の日を作るものは、探偵がケースを組み立てるのを見ており、それらを解決しています。
それはそれらが容疑者にをちょうど識別させたか、殺害者に対して訴訟を起こすのに、十分な証拠があって興奮する探偵のチームを見るために満たしています。
私が古いclichを使用する予定である場合?、私たちが得る殺人担当刑事が死者のために話すとして。
探偵が容疑者をインタビューしその容疑者がその容疑者に承認をさせるかあるいは殺人を認めるのを見ることは刺激的です。
さらに、探偵のうちの1人が陪審員がちょうど有罪と判決した地方検事から呼び出しを得るのを聞くことは価値があります、殺人に責任を負う容疑者。
その後、誰がそれらの家族を殺すことに責任を負うか、知っていることを私たちが家族に説明することができるので、この日は特別です。

 

1993年の殺人担当刑事および技術がその時間以上の最も大きな変更であるとともに、私は働き始めました。
私が最初にケースを動かし始めた時、私たちはコンピューターを持っていませんでした。
私たちは報告書をすべて手で書くために使用し、次に、タイプライター上にそれらをタイプしました。
今、すべてはコンピューター上で終っています。
1993年には、私たちが、犯罪現場に同一性人々を支援するために使用された血液型分類をちょうど持っていました。
今、DNAは使用されます、それは10億の中で1まで彼のDNAを使用して、個人を識別することができる、1000兆以上です。
ソーシャルメディアも偵察カメラもありませんでした。
今日の技術は、探偵が事件での情況証拠を構築するのを非常に役立ちました。

2013年8月17日

常識にとらわれると出会いがなくなる

毎日3食ご飯を作るのは大変だ。自分だけならいいけど、家族の分も作るんだから。

その上、味が薄ければ文句を言われ、嫌いな食材が入っていれば残す。自分で作ればいいのにといつも思う。昔の人はすごいと思う。
炊飯器もレンジも無かったんだから。惣菜とか冷凍食品も無かったんだから。毎食作るのにどれだけ時間がかかっただろう。そう思うと恵まれた環境でご飯を作れるんだと感謝の気持ちが湧いてくる。

最近ではコンビニがすごい。1食分の本格和惣菜から生鮮まで売っている。しかも24時間。私が一人暮らしだったら間違いなく毎食コンビニで済ませていたと思う。

コンビニ弁当は体に悪いという意見もあるだろう。だが、所詮人の寿命なんて長くて100年。
コンビニ弁当を食べたからと言って、これが劇的に短くなるわけでもない。
健康な生活を送ろうとして色々気を使い過ぎて、余計に寿命が縮まるかもしれない。

だったら、好きなように生きてストレスレスな生活を送った方がいいんじゃないだろうか。
たとえば恋愛もそうだ。世間では離婚は否定的に見られる。

しかし、好きでもない人と長期間一緒にいる方がずっと良くないこととも言える。嘘をついているのと同じだ。

浮気にしても、しても別に構わないという人もたくさんいる。それをマスコミを始めとして第三者がとやかく騒ぐのだからおかしな話である。

出会いのきっかけもそうだ。私はpcmaの評判が良いのでPCMAを利用するのが良いと思うのだが、どちらかというと職場恋愛などを推奨する人が多いんじゃないだろうか。だが、職場恋愛はこじれたら大変である。

上手く行けばいいのだろうが、所詮失恋で終わるケースが多いことは読者のみなさんなら、よくご存知のはずだ。

2013年8月11日

刑事としての1日

第一に、殺人担当刑事のための典型的な仕事日はありません。
私は、9/17変更(それは私が9時間日働くことを意味する)と呼ばれるものを動かします。
しかしながら、殺人スーパーバイザであるので、私は常に当座貸しでいます。
私は、LA交通によって、通常6-7amの間の日にスタートを切ります。
それらが午前1杯のコーヒーを得るので、私がする第1のことは私のチームのメンバーとの会です。
その後、私は、それらの現在の調査およびそれらのケースを解決するそれらの調査の計画中の最新版の入手へ会話を移行させます。
次に、探偵の有効性のチームに基づいて、私は、その週(それらは、前スケジュールにそれらに前もってあるどんな週末も得ます)に私と誰が当座貸しでいるか決めます。
その後、私は通常一連の経営機能を行います。
タイムカードを完成して、超過勤務時間への署名は捜索令状、裁判所命令などを調査してスリップします。
しかし、私たちが殺人を夜通ししていなかったならば、それはそうにすぎません。
殺人が生じる場合、それはめったに営業時間にあります。
それは通常10pmと3amの間にあります。
したがって、それらの日に、私が犯罪現場に到着する場合、私の時計は公式にスタートします。
その後、私は、初期にスタートし、かつ終わるタスクを渡し始めるために、より多くの探偵が呼ばれる必要があるかどうか評価します。
タスクのうちのいくつかは目撃者を見つけておりインタビューすることができ、追加の目撃者あるいは証拠のための犯罪現場を再調査することができ、監視映画フィルムを見つけており、ダウンロードすることができ、証拠を記入することができ、犯罪のデータ・ベースを捜すことができ、他の法執行官に会うことができます。彼らは犯罪が生じたエリアの中に専門知識を持っています。

2013年8月4日

結婚相手はソコソコ好きで丁度いい

男の場合の話であるが、結婚する相手はドンピシャ好みの女は避けるべきとのアドバイスをもらった経験はないだろうか?
私はバツイチで、今、再婚後三年が経過しているが、「その話ってあたっているなあ」と感じることが多々ある。
初婚の時は、口説いて口説いて何とか高嶺の花を手に入れた。
初対面で電撃が走るような一目ぼれをして、口説く事二年を経て、ようやく結婚までたどり着いた。
プロポーズをしてOKをもらった時には天にも昇る気持ちであったが、結婚後は一年も経たずに離婚、ジエンドとなってしまった。
元々やきもち焼きの私は困ったもので、当時の妻が他の男性と少しでも話をしていると、もう面白くないとなってしまう困ったちゃんであった。
ちょっと妻の帰りが遅いだけで浮気を疑ったり、香水を変えただけでもあらぬ想像をしてみたり。

人間、失いたくないものを持っていることは大事ではあるが、それの度が過ぎると、いささか問題があるのだなあと実感をした頃にはもう後の祭り。
私も疲れてしまったが、妻も疲れてしまっており、お互いに円満の離婚。
今はまあまあ好みの女性と再婚をしたが、夫婦仲は非常に円満である。

実際、相手が同窓会に出席すると言った時も、快く送り出すことができるし、少しくらいおかしいなと思っても興信所に調査してもらおうなんて考えることもありません。

先日、探偵@浮気調査|調査力の評判が良い興信所を徹底比較しましたというサイトを見つけたのですが、1回目の結婚のときであれば、多分こういったサイトを参考にして、大金をつぎこんで人のプライバシーとかを調べてもらったんだろうなと思います。

もちろん、今の私がお人よしなだけで、こっそり二股とかかけられているかもしれませんけどね。